脇の黒ずみを予防する対策法とは?

脇の黒ずみを予防しよう!

 

前回の脇の黒ずみ原因3つ!原因を知って対策を練ろう!を読んでいただくとわかりやすいと思います。

 

今回は脇の黒ずみを予防する方法を書いていきたいと思います。脇の黒ずみを予防するには2つあります。

 

 

では1つ1つ見ていきましょう。

 

1、刺激を与えない

 

脇,わき,黒ずみ,対策,予防

 

こう書いておいて難ですが、脇に関しては刺激を与えないのは不可能に近いと思っています。なぜかというと、まず脇の刺激と言うのは、毛抜き・カミソリによる刺激と擦れによる刺激があります。

 

毛抜きやカミソリに関しては、美容外科や形成外科で脱毛してもらうという方法で解決できます。

 

脇,わき,黒ずみ,対策,予防

 

また、シェーバーも効果的です。あのシェーバーというのは皮膚ギリギリのところで毛を切っているので皮膚への刺激は少ないです。男性の髭を想像していただけるとわかりやすいのですが、髭の部分が黒ずんでいる方はあまりいないですよね。

 

ただし、抜くのとは違い、毛根は残っているので毛の太さによっては多少残って見える場合があります.。これらの方法でわき毛処理に関する刺激は抑えられますが、問題は擦れです。

 

歩くときや腕を上げたときに脇はどうしても擦れます。膝ならサポーターで抑えられますが、脇にサポーターするわけに行きませんし、腕を常に横にまっすぐ伸ばしていては変人になってしまいます。

 

なので擦れに関しては予防が難しいと言えます。その分はケアで戦っていった方が現的ですね。

 

その他ちょっとしたことが刺激になってしまいます。

 

刺激例

  • 毛抜き
  • カミソリ
  • 擦れ
  • 制汗スプレー
  • 汗の放置
  • 汚れの詰まり
  • 古い角質

 

2、乾燥させない

 

脇,わき,黒ずみ,対策,予防

 

脇が乾燥するって私も想像できなかったんですが、結構乾燥しやすいみたいです。そもそも汗で湿っている状態は保湿できているとは違うんですね。顔で言うところのインナードライでしょうか。

 

基本的に脇は汗腺が多いので汗をかきやすいのですが、何らかの理由で乾燥するとその乾燥から肌を守るためにメラニンが生成され、肌を守ります。メラニンは肌を守るためにあるのですが、見た目は黒いのでありがた迷惑と言ったところです。

 

しかし、乾燥してるから肌を守るためにメラニンが作られるなら、乾燥させなければメラニンは作られない!!という理屈で、保湿ケアをすることでメラニンが作られなくてもいいような肌環境を作ってあげるという予防法です。

 

厳密には乾燥以外にも黒ずむ原因はあるのですべてを同時に防がないといけないのですが、まずは1つ、乾燥から守ってあげましょう。

 

保湿ケアは普段顔や手にしているのもと同じで大丈夫ですが、なるべく刺激の少ない物を選んでください。刺激も黒ずみの天敵です!

 

まとめ

 

脇,わき,黒ずみ,対策,予防

 

刺激と言っても色々ある中で、予防できるものとできないものがあります。予防できるものはしていって、できないものは仕方ないのでケアで戦っていきましょう。

 

乾燥については保湿することでワキガ対策にもなり、一石二鳥なのでぜひ取り入れてみてくださいね^^

 

次の記事〉〉脇の黒ずみケア!黒ずみを消す解消法をご紹介します!