膝の黒ずみ原因!知らないうちに黒ずませてるかも!

膝が黒ずむ原因を知ろう!

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

ふと自分の膝を見たときに「えっ、黒ずんでる」となったときのブルーな気持ちが私は忘れられません…。

 

黒くなってしまう原因がわからないことには解決法も予防法も何も手につかないので、まずは黒ずみの原因について考えられるものを全て紹介していきます。生活スタイルによっても原因は変わるので、自分に当てはまりそうなものを見つけて予防や改善につなげていきましょう。

 

原因1、刺激による黒ずみ

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

刺激って言うと難しく感じてしまうかもしれませんが、

 

  • 床に膝をつく
  • デスクとの間で擦れる
  • スポーツなどで膝にサポーターをしている
  • スキニーなどのきつめのパンツをはいている

 

という行動が刺激の元になります。つまり、圧力や摩擦のことですね。この刺激から肌を守るためのバリアとしてメラニンと言う色素が作り出されますが、そのメラニンが黒っぽい色をしているために膝が黒ずんでしまうのです。

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

保育士である私は園児のお世話をするために膝をついていて黒くなってしまっていることは間違いありません。普段の生活で膝に何かしらの刺激がある場合にはそれが原因であることがほとんどです。

 

原因2、紫外線による黒ずみ

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

紫外線も言わずと知れた黒ずみの原因ですね。これは日光による日焼けです。紫外線による日焼けなのか、刺激による黒ずみなのか、判断しにくいかと思いますが実はどっちも同じメラニンなのはご存知でしたか?

 

摩擦や圧力と同じように、紫外線も肌にとっては刺激になるので、その刺激から守るためにメラニンを作りだします。日焼けと黒ずみは同じものだということです。バランスよく全体にメラニンが作られれば良い感じの小麦色、一か所だけに集中してメラニンが作られたのが黒ずみということです( ;∀;)

 

原因3、乾燥による黒ずみ

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

膝は基本的に汗をかきにくかったり、皮脂が出にくかったりするので乾燥しやすい場所でもあります。肌は乾燥してしまうと肌バリアが弱くなって刺激に弱くなり、その結果メラニンを作って肌を守らなくてはいけなくなります。

 

肌がしっかり潤っているとメラニンを作らなくても良くなるので、結果的に黒ずみができにくくなるということですね!

 

原因4、お手入れ不足

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

わざわざ膝のお手入れを頑張ってる人って少ないと思います。よくよく考えると乾燥もしやすいし刺激も受けやすいのでしっかりお手入れする必要があるのですが、なんとなく何もしないで終わってしまいますよね。

 

特に乾燥の面ではお手入れしなければ悪くなっていく一方なので、本当はお手入れが必要です。もしまだ黒ずみができていないのであればお手持ちの保湿系化粧水を塗っておくことをおすすめしますよ^^

 

原因5、過剰なお手入れ

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

逆に過剰にお手入れしすぎた場合も黒ずみは増していきます。今度は膝の黒ずみに気付いた後にやりがちなのですが、過剰なお手入れと言うのは刺激を増やしてメラニンを作り、黒ずみを増加させてしまいます。

 

ここまで読んでくれた方は「黒ずみ=メラニン」と言うのがわかってくれているので心配ないですが、どうやら黒ずみを「汚れ」だと思っている人がいるようです。汚れだと思っていれば当然お風呂の時にナイロンタオルでゴシゴシしちゃうと思うのですが、それでは黒ずみを自分で増やしているようなものです。

 

まずは黒ずみがメラニンであって、肌の表面をゴシゴシしても解決できないということは理解しなければなりません。

 

スクラブ

 

同じく過度のお手入れとしてスクラブがあります。スクラブはクリームやジェルの中に何かしらの粒子が入っていて、その粒子で肌を削り取る美容法です。スクラブも正しい場所に正しく使えば有効ですが、メラニンによる黒ずみには逆効果です。ナイロンタオルよりも刺激が強いので、どんどん黒ずんでいくことは間違いありません。

 

>>膝の黒ずみはスクラブでケアできる?気を付けないと逆効果!

 

ピーリング

 

ピーリングもスクラブと同じく刺激が強いです。スクラブの場合は弱めの酸で皮膚の表面を溶かす美容法なので、黒ずみには効果がありません。弱いとはいえ酸なので肌にとって刺激であることは簡単に想像できますよね・・・。

 

>>膝の黒ずみに毎日ピーリングするのはおすすめしません!

 

原因がわかったら予防してみよう!

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

膝の黒ずみの原因は見つかりましたか?それぞれの生活パターンや職業によってもメラニンが作られる原因は様々あると思います。そこで、原因がわかったらそれを全力でやめる工夫をしてみましょう。

 

  • 膝をつかないようにする
  • デスクに擦らないようにする
  • サポーターはサイズの合ったものを選ぶ
  • スキニーを控える

 

このように原因となることを防いでいくことで新しい黒ずみができてしまうのを予防することができます。予防しながら今度は今ある黒ずみに対してのケアをしていきましょう。

 

>>膝の黒ずみを予防する対策法とは?

 

膝の黒ずみを改善する方法!

 

膝の黒ずみを解決する方法はいろいろなものが出てきていますが、基本的には肌のターンオーバーで治していきます。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、肌の奥で生まれた新しい肌が表面の古い肌を押し出していく機能のことです。

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

この図のようにメラニンも肌の奥に存在しているので、そのターンオーバーで奥から出てくる肌にメラニンを乗せて外に排出するという流れになります。それに合わせて黒ずみを予防していると新しいメラニンが作られないので、いずれ黒ずみのない新しい肌が表面に来て綺麗な膝ができあがるということです♪

 

例えば先ほど挙げたピーリングやスクラブを黒ずみ改善に使えるという人もいますが、上手く刺激を調整しないと失敗するのでリスクの高い方法になります。

 

ターンオーバーをおこなうためには?

 

ターンオーバーは人間がもともと持つ能力なので、何もしなくてもいずれはおこなわれます。しかし水分の問題や加齢の問題、栄養状態や血流の状態が関わってくるので正常な周期でターンオーバーをおこなえている人間は少ないと言われています。

 

もし半年くらい時間があるならメラニンが作られるのを予防してずっと待っていればだんだん治っていくと思いますが、早めに治したい場合は「ターンオーバーを促進させる成分」を加えてあげると良いでしょう。

 

  • プラセンタ
  • ビタミンC
  • 他のビタミン類

 

この辺りがターンオーバー促進にはおすすめです。メラニンがどれだけ溜まっているかによって黒ずみが無くなるまでにどれだけ時間がかかるかは変わってきますが、大抵の場合は数週間から数カ月はかかります。

 

エステサロン

 

エステサロンにも黒ずみを解消するコースがあったりするようです。しかし、コース内容を見ると洗浄してピーリングをおこない、その後保湿ケアをするという流れのようなので、あまり効果は見られないんじゃないかなと言われています。

 

ただ、サロンにもよりますが黒ずみクリームを使用しているところもあるのでその場合は効果あると思います。しかし、それなら最初から黒ずみクリームだけでも良いような気がしてしまいますよね。

 

皮膚科

 

皮膚科でも黒ずみを診てもらうことができます。この場合、手術してもらうわけではなくトレチノインやハイドロキノンという薬を出されます。これらの薬は非常に強い効果がありますが、副作用の可能性もあるので良く考えて治療する必要があります。効果は高いけど副作用があるというのは若干賭け要素がありますよね。

 

まとめ

 

膝,ひざ,黒ずみ,原因

 

膝の黒ずみの原因は、

 

  • 刺激によるもの
  • 紫外線によるもの
  • 乾燥によるもの
  • お手入れの少なさによるもの
  • 過度なお手入れによるもの

 

があり、どれもメラニンという色素が溜まって黒ずみになっているということでしたね。この中で自分の生活と照らし合わせて原因を特定し、できるだけ予防して膝の黒ずみを治していきましょう!