脇の黒ずみ原因3つ!原因を知って対策を練ろう!

脇が黒ずむ原因をしろう!

 

脇,わき,黒ずみ,原因

 

脇の悩みは匂いだったり毛の処理だったり様々ありますが、よく見てみると黒ずみが目立つことに気付きますよね。わざわざ脇を見せる場面は少ないけど、どうしてもふとした瞬間に見えてしまう厄介な部分です。

 

どんなに可愛いくてもお洒落にしていても黒ずみが見えた瞬間に好感度ガタ落ち・・・なんてのは避けたい!!!正しく脇の黒ずみの原因を知ることで予防改善ができますので、まずは原因についてしっかり理解していきましょう。

 

原因1、刺激による黒ずみ

 

脇,わき,黒ずみ,原因

 

脇の黒ずみで一番多いのがこの刺激による黒ずみです。

 

  • 毛抜き
  • カミソリ
  • 擦れ
  • 制汗スプレー
  • 汗の放置

 

これらを総じて刺激と言います。脇と言うのは非常に皮膚が薄く、デリケートな部位なのですが同時にムダ毛処理の代名詞でもあるため、多くの女性が刺激を与えまくっています。これは当然というか、わき毛を生やしておくわけにはいかないので仕方ないことです。

 

わき毛の処理は「抜く・剃る・脱毛」の3つの選択肢があると思いますが、刺激と言う観点で見るとどれも同じです。抜く・剃るに関してはわかりやすく刺激で、抜いた場合は「ブツブツ型の黒ずみ」、剃った場合は「カミソリ跡の黒ずみ」ということになります。

 

さらに注意して欲しいのが脱毛で、美容外科でレーザー脱毛をした場合、刺激になるというのは想像できますが紫外線の心配も出てきます。レーザー脱毛のあとは肌が紫外線に弱くなっているのでメラニンが作られやすいんですね。

 

「ブツブツ型の黒ずみ」

 

ブツブツ型の黒ずみは毛穴が盛り上がっているように見えます。これは毛抜きによる刺激が主で、毛穴周辺にメラニンができていることで黒ずんでしまっています。制汗スプレーの汚れが残ってしまっている場合もブツブツ型になる可能性があります。

 

「カミソリ跡の黒ずみ」

 

恐らくこっちの方がほとんどだと思いますが、カミソリが通った後が黒くなってしまう黒ずみです。こちらはわかりやすくメラニンによる黒ずみなので、カミソリを使わない所から始めてみましょう。解決策としては脇用のシェーバーをおすすめします。

 

原因2、古い角質や汚れによる黒ずみ

 

脇,わき,黒ずみ,原因

 

脇というのは普段から汗をかきやすく、常に重なっていることから蒸れている状態になっています。汗をかきやすいのに蒸れていると肌の生まれ変わりであるターンオーバーが狂ってしまいます。

 

ターンオーバーが狂うと垢や古い角質が上手く排出されず、その汚れが毛穴に詰まって黒ずんで見えてしまうというわけです。これは刺激による黒ずみとはまた違った黒ずみ方で、見た目では多少ぶつぶつしているように見えることもあります。

 

原因がわかったら予防してみよう!

 

脇,わき,黒ずみ,原因

 

原因がわかったらまずは予防することが重要です。どんなに良い黒ずみクリームなどを使っても、原因を取り除かないことにはいつまでたっても黒ずみは無くなりません。

 

主に脇の毛の処理による黒ずみがほとんどなので、毛の処理方法を見直す必要があります。

 

>>脇の黒ずみを予防する対策法とは?

 

脇の黒ずみを解決する方法

 

脇,わき,黒ずみ,原因

 

原因がわかって予防もできたら今度は脇の黒ずみを解消していきます。黒ずみはメラニンと言う色素なので、肌の生まれ変わりであるターンオーバーで治していくのが最善です。

 

ターンオーバーは人が持っている肌の生まれ変わり機能のことですが、残念ながらなかなか上手く機能していないことが多いです。と言うのもターンオーバーには一定のリズムがあるのですが、加齢や水分、栄養状態、血流の問題でそのリズムが狂ってしまっていることがほとんどです。

 

もしターンオーバーが完璧であれば予防しているだけでいずれ綺麗な脇の肌が出てくるのですが、恐らくそんな完璧なことは少ないので、ターンオーバーを促進させる成分を与えたほうが良いです。

 

ターンオーバーを促進させる成分として、

 

  • プラセンタ
  • ビタミンC誘導体
  • その他のビタミン類

 

などが含まれた美容液やクリームを使っていくのがおすすめです(*^^*)

 

まとめ

 

脇,わき,黒ずみ,原因

 

脇の場合はわき毛を処理しなきゃいけないし、蒸れやすいし、皮膚は薄くてデリケートだしで、非常に厄介です。

 

しかし、原因別にしっかりとした対処を行っていけば改善できるので、正しい対処法やケア方法を知ってキレイな脇を目指しましょうね^^