ワセリンとは?

ワセリンっていったいなに?

 

ワセリンってどんなイメージがありますか?

 

多分、乾燥にまったく関係のない方はご存知ないかもしれませんが、保育園では結構頻繁に使います。その目的は保湿で、塗った場所に膜を作ってバリアし、肌の水分の蒸発を防ぐことで乾燥を防止します。

 

一般的に聞くセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分とは全然違います。言ってしまえばワセリンはただの膜ですので。それでもアトピー患者の方や乳幼児の乳児湿疹にも使えるワセリンですので、どんなものなのか丁寧に説明していきたいと思います。

 

ワセリンの原料とは?

 

ワセリンの原料は石油です。「えっ石油って肌に悪いよね!?」と思った方、半分正解で半分間違いです。

 

たしかに石油自体は肌に良くないですが、あくまでワセリンの場合は原料として石油が使われているだけです。昔とは違い、石油の精製技術も高まってきているので問題ありません。

 

ワセリンの油焼けについて

 

ワセリンの原料が石油だという情報を知っていると、油焼けに対する身構えが固くなってしまいそうですが、現在では心配いりません。

 

というのも、昔、石油系防腐剤による接触性皮膚炎が問題になったことが影響して油焼けに対する危惧が増えました。ワセリンを塗ったところが油焼けして炎症を起こすなどと言った記事は昔の話から来ています。

 

その油焼けというのも、石油に混じった不純物が紫外線に当たることで油焼けして皮膚に炎症をもたらすという話なので、しっかり精製技術が高まった現在ではそんな心配はないですが、あまり有名でないメーカーのワセリンは気にしても良いかもしれませんね。

 

ワセリンの効果や副作用は?

 

これって難しい話になるんですが、ワセリンは薬などではないので薬事法的にもワセリンに効果や副作用はありません。

 

肌に膜を作るものという認識が正しいです。というわけで効果というか使い方ですが、

  • 乾燥の気になるところに塗っておくと膜を作って水分の蒸発が抑えられる
  • 切り傷などの止血
  • 擦れ予防などの潤滑油として

などが挙げられます。

 

アトピーの方がワセリンで治療すると思いますが、ワセリン自体は肌に水分を供給するような力はありません。あくまで膜を張り、水分の蒸発を防いだりするだけです。薬ではないので副作用もないのですが、1つ注意点があります。

 

ワセリンを使った人の中には、ワセリンに反応して接触性皮膚炎を起こし、発赤、かゆみなどを訴える方もいるようです。また、角質層にワセリンが溶け込み、角質層内に存在するセラミド、天然保湿因子(NMF)の働きを阻害する可能性もあるようです。

 

これらはまだ重要視されていないのでワセリンは普通に買うことができますが人によっては合わない場合もあるということも覚えておいてください。

 

ワセリンの種類

 

ワセリンには白色ワセリンと黄色ワセリンとプロペト、サンホワイトと4種類あります。精製されていて不純物が少ない物が白色ワセリン。そこまで生成されていないのが黄色ワセリンになります。

 

敏感肌の方や乳幼児のかたは白色ワセリン以上を使います。とくに肌が弱くないという方はどちらでも大丈夫ですが黄色ワセリンはいまはほとんど売ってないですかね。白色ワセリンよりもさらに純度を高めたのがプロペド。プロペドよりもさらに純度を高めたのがサンホワイトになります。

 

敏感肌の度合いによって使い分けます。

 

黒ずみに使えるか?

 

ワセリン自体に黒ずみを治す力はありません。でも黒ずみの原因であるメラニンは服や皮膚同士の擦れが原因の1つでもあります。それを予防するためにワセリンを塗って潤滑剤のように使用すれば摩擦が抑えられ予防には繋がるでしょう。

 

正しく理解して正しく使いましょう

 

いかがでしたか?

 

ワセリンの理解が少し深まったでしょうか。

 

とくに大切なことは、白色ワセリン以上はほぼどんな方にもお使いいただけるものだということ。そしてワセリン自体は特別な物でもなく、膜を張るものだということです。

 

これは応用すれば、髪の毛を自分で染めるとき、おでこや耳に色を付けたくない場合なんかにも使えますね。ただし、ワセリンは一度つくと石鹸でも落ちにくいので髪の毛などにはつかないようにしましょう。