ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体ってなに?

 

ビタミンC誘導体は簡単に言うと、壊れやすいビタミンCを壊れにくく安定させた成分になります。つまり化粧品として使うのであればビタミンC誘導体のほうが優秀ということになります。

 

ではその効果などをビタミンCとともに考えていきましょう。

 

ビタミンCの効果とは?

 

まずはビタミンCの効果から。

 

ビタミンCというのは抗酸化作用、メラニンの還元、皮脂分泌のコントロール作用、新陳代謝を促進させる、肌を滑らかにする、肌のキメを整えるなど様々な効果が期待されていて、昔から化粧品に配合されてきました。

 

しかし冒頭でも触れたように、ビタミンCは非常に壊れやすく、肌に塗った場合すぐ壊れてしまい、あまり効果が見られませんでした。(それでも効果があると信じて使う方も多い・・・。
そこで人工的に安定させ壊れにくくし、肌に浸透しやすくして、しかも肌に浸透してからビタミンCに変わるという性質をもつビタミンC誘導体に改良されました。
つまり肌にさえ入ってしまえばビタミンC同様の効果があるということですね。

 

ビタミンC誘導体の種類

 

実はビタミンC誘導体にも種類があります。その種類は3つで、水溶性、油溶性、その両方に分類されます。

 

水溶性(皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されている)

  • リン酸型ビタミンC
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル

 

油溶性(水溶性であるビタミンCに油を結合させたもの。主にクリーム等に配合されている)

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル

 

水溶性と油溶性の性質を持つ(親水性と親油性があり、さらに浸透力が高くなったもの)

  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

 

もう少し詳しく見てみましょうか?

 

種類 名前 特徴
水溶性ビタミンC誘導体 リン酸型 皮膚内でビタミンCに変わることができる
水溶性ビタミンC誘導体 硫酸型 光、熱、酸素などに強く安定性の高い
水溶性ビタミンC誘導体 グルコシド型 安定度が高い
油溶性ビタミンC誘導体 イソパルミチン酸型 肌への浸透がよく、安定性があり、実際の使用感もよい
油溶性ビタミンC誘導体

パルミチン酸型
ジパルミチン酸型
ステアリン酸型

イソパルミチン酸型には少し劣る
両方の性質をもつ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS) 水溶性と油溶性の足りないところを補っている

 

さらにこの中でも複数枝分かれします。

 

種類 名前 特徴
水溶性ビタミンC誘導体 アスコルビン酸グルコシド 医薬部外品。ビタミンCと糖が結びついた物。多くの化粧品に使われているが、人間の体で糖を分解する酵素が小腸にあるため、肌での有効性は低いと考えられる。
水溶性ビタミンC誘導体 リン酸アスコルビルMg 医薬部外品。ビタミンCとマグネシウムが結合したもの。肌への有用性は高いと言われる。
水溶性ビタミンC誘導体 アスコルビルリン酸Na 医薬部外品。リン酸アスコビルMgよりも少し刺激が強いと言われているが、効果は期待されている。
水溶性ビタミンC誘導体 アスコルビルエチル 医薬部外品。ビタミンCをエチル化させたもの。つまり酵素による分解が必要ないので即効性が期待できる。
水溶性ビタミンC誘導体 アスコルビン酸硫酸2Na 医薬部外品。水溶性の中では光、熱、酸素などに強く安定性の高いと言われている。
脂溶性ビタミンC誘導体 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 医薬部外品。脂溶性ビタミンC誘導体の特長である肌への吸収性と持続性に優れている。
脂溶性ビタミンC誘導体 ジパルミチン酸アスコルビル 医薬部外品。肌への吸収性と持続性を備えていると言われますが、安定性が弱く変質しやすいとの報告もある
両方の性質を持つ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na 水溶性と脂溶性の性質を持っているので、即効性と浸透性を持つビタミンC誘導体ですが医薬部外品ではありません。成分が不安定で劣化しやすいのが欠点です。これを防ぐための凍結乾燥された製品などもあります。

 

※これでも一部

 

この表を覚える必要はないですが、同じビタミンC誘導体の中でもいろいろな種類があり、ビタミンC誘導体と書いてあれば最強なのかと言えば全く違うということです。

 

ビタミンC誘導体の具体的な効果

 

抗酸化作用、メラニンの還元、皮脂分泌のコントロール作用、新陳代謝を促進させる、肌を滑らかにする、肌のキメを整えるなど様々な効果が期待できると書きましたが、もう少し具体的に書きます。

 

シミ・黒ずみの予防、改善

 

メラニンを還元する作用はつまりシミや黒ずみの原因であるメラニンを還元するのでなかったことにしてくれます。さらに肌のキメを整えることで多少メラニンがあっても光の反射で白く見えることがあります。

 

また、抗酸化作用ですが、黒ずみの原因であるメラニンは人が肌への刺激やダメージを受けたときに出る活性酵素をエサに作られます。抗酸化作用とはこの活性酵素を抑える力があるので結果的には黒ずみなどを予防します。

 

ニキビの予防・改善

 

ニキビにも様々な種類があり、原因も様々ですが、皮脂の詰まりによるニキビに限ってはこのビタミンC誘導体は有効です。皮脂の詰まりをビタミンCが改善し、過剰な皮脂の分泌を減らす作用やニキビの炎症を抑える効果があるからです。

 

ビタミンC誘導体の注意点

 

あまり注意点もないのですが、1つあるとすれば乾燥肌の人。

 

抗酸化作用、メラニンの還元、皮脂分泌のコントロール作用、新陳代謝を促進させる、肌を滑らかにする、肌のキメを整えるなど様々な効果のうちの皮脂分泌のコントロール作用によって皮脂が抑えられてしまうのでさらにドライな状態になってしまいます。

 

それから上記の表にも書いたように、「ビタミンC誘導体配合」と書いてあっても、あまり効果がないものだったりすることもあります。そこは毎回成分名をチェックして選んでみてください。

 

黒ずみに使えるのか?

 

ビタミンC誘導体はいろいろな種類があることはご理解いただけたと思いますが、肌に使って意味がある物とあまり意味がない物も実際存在しています。しかし肌に効果のある、例えばリン酸系ビタミンC誘導体などはターンオーバーを活発にしてくれるのでメラニンによる黒ずみにも効果があると言えます。

 

黒ずみにも種類があり、すべての黒ずみに使えるわけではありませんが、メラニンになら有効です。

 

正しく理解して正しく使いましょう

 

いかがでしたか?

 

ちょっと頭が痛くなるくらい難しい話もありましたが、ビタミンC誘導体について理解が深まったでしょうか。

 

この記事は頭の片隅にでも置いておいていただいて、もしビタミンC誘導体が含まれている化粧品などを買う際に思い出していただき、どのビタミンC誘導体が入っているのか見比べてみるのも面白いかと思います。