トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸ってなに?

 

黒ずみについて調べているとトラネキサム酸という成分を良く耳にしますね。これが一体どんな成分でどんな効果があるのかまとめていきます。

 

トラネキサム酸とは

 

トラネキサム酸は数あるアミノ酸の中の1つです。安全性が高いので現在では幅広く使われています。トラネキサム酸の効果はメラニンの生成を抑制する作用、抗炎症、抗アレルギー、止血効果などがあります。

 

黒ずみは肌が紫外線や擦れなどのダメージを受けるとメラニンを作る細胞メラノサイトにメラニンを作れという指令(情報)を伝達することでメラニンが作られます。その際にプロスタグランジンという物質の伝達を阻害するので、メラニン生成が抑制されるのです。

 

病院などでは止血剤や抗プラスミン剤として処方されています。

 

トラネキサム酸の注意点や副作用は?

 

トラネキサム酸は安全性の高い成分だと言われています。ですがその一方で、食欲不振、胸やけ、嘔吐、眠気、発疹などの副作用が少なからずあるという情報もあります。

 

もしそのような症状が出てしまった場合は医師に相談しましょう。トラネキサム酸には内服薬もクリームもありますが市販のクリーム程度ではまず起こりにくいと思って大丈夫です。

 

トラネキサム酸の黒ずみへの効果

 

先ほどもちらっと出てきましたがプロスタグランジンという物質の伝達を阻害してメラニン生成を抑制します。この他に肝斑への効果も期待できます。肝斑とは簡単に言うとシミです。

 

肝斑の原因はメラノサイトの活性化が原因に挙げられますが、原因のひとつであり、肝斑の発症に影響があると考えられるのが、タンパク質分解酵素プラスミンです。トラネキサム酸はこのプラスミンを抑え、メラニンが作られる前の段階でメラノサイトの活性化をブロックし、肝斑の発症を抑えると考えられています。

 

つまりもともとは肝斑やシミのケア成分として使われていますが、黒ずみに関してもメラニンが原因であることは間違いないのでトラネキサム酸も有効だということです。

 

しかし少し考えるとわかるのですが、トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制する成分で、できてしまった色素沈殿やメラニンを還元する力はありません。なので黒ずみを改善するにはトラネキサム酸に合わせてターンオーバーを活発にしたりする成分も必要になってきます。

 

正しく理解して正しく使おう

 

いかがでしたか?

 

他の成分と比べて少し短い記事になってしまいましたがトラネキサム酸についての理解は深まったでしょうか。

 

トラネキサム酸はどちらかというと黒ずみの予防に特化した成分です。このトラネキサム酸のメラニン抑制効果を上手く使ったクリームを選ぶことが重要ですね。